memo-no.2

キリンラガービールと一番搾りの違いは、もともとはビール酵母をろ過した生ビールが一番搾り、酵母を加熱処理を施したものがラガービールという位置づけでした。 ですが、その後空前の生ビールブームが到来。サッポロ「瓶生」(のちの黒ラベル)やアサヒスーパードライなどのシェアが伸びて、キリンとしては一番搾りだけではなく、古くから人気のラガーも生にしようという判断をとりました。 ですが、加熱処理をした昔ながらあの苦味と重さをもとめる声が多く、限定復刻版として登場したものがクラシックラガーというわけです。2003年に定番商品として無事、加熱処理ビールがキリンのラインナップに帰ってきました。

Syupo 乾杯のポータルサイト シュポ


蓮實重彦の『監督小津安二郎』はたしかに優れた著作である。がしかし、順序からいえば、まずは佐藤忠男氏のこの書物から読むべきである。でないと、蓮實の小津論の「I 否定すること」のインパクトは半減してしまう。いやそもそも、そのどちらを読むかよりもまずは、ビデオでもDVDでもいいから見られる小津作品を片っ端から見て、それからこの本を読むべきだ。佐藤と蓮實、どちらが「偉い」かといった問題ではない。ホンネを言えば佐藤氏の小津論は、どう贔屓目にみても「努力賞」とでもいうべきものだ。彼の小津論は、映画批評が陥りがちな大きな「落とし穴」にはまっている。彼は知らずのうちに、映画以外の何かを語ろうとしてしまうのである。しかし、そうした「落とし穴」にはまってしまう必然性を十分に意識して映画批評をしている人がどれほどいるだろうか。一種の反面教師として十分に読む価値はある。小生の評価は、★3であるが、とにかくこれを読まねば始まらない。

Amazon.co.jp: 完本 小津安二郎の芸術 (朝日文庫): 佐藤 忠男: 本


小津の映画が大好きになったのは、75年頃から。 それまでは生意気にも、全然見る気の起きない映画だと思っていた。 佐藤忠男の本「小津安二郎の芸術」を読んで、 小津映画とはこんな深いものだったのかと、教えられた。

小津安二郎私見


hirai:

ニコニコMUGENwiki - エレナ
特徴としては、兎に角 ドットがヌルヌルと動く 。『ストIII』自体が全体的にそうなのだが、彼女は特にそれが顕著である。 勝ちポーズなんてすっごいヌルヌルしている。通常の立ち状態だけでも40〜50枚ほど使っているとか。 

hirai:

ニコニコMUGENwiki - エレナ

特徴としては、兎に角 ドットがヌルヌルと動く 。『ストIII』自体が全体的にそうなのだが、彼女は特にそれが顕著である。 
勝ちポーズなんてすっごいヌルヌルしている。通常の立ち状態だけでも40〜50枚ほど使っているとか。 


日常的に使っているソーシャルネットワークと連携させると、自分が登録したものが全てここに表示されます。今のところ、LikeastoreはFacebook、Twitter、Vimeo、YouTube、Dribbble、Behance、 Github、 Gist、Stack Overflow、Pocket、Tumblrをサポートしています。Pinterestがない、というのが若干不思議なところではありますが、なぜかサポートされていません。

数多のウェブサービスで付けたお気に入りをひとまとめにできる『Likeastore』 : ライフハッカー[日本版]