1. "最近のニコンボディはレンズのメーカーを問わず自動的に色収差補正をやってくれる(これは素晴らしい)。ところがキヤノンボディは自社のレンズでしか色収差補正はしない(フツーは当たり前のこと)。だからニコンボディで色収差が目立たなくても、まったく同じ光学系のレンズでも、キヤノンボディで撮ると色収差出まくりということもある。"
     

  2. "・カスタムヘリテイジ912はベスト型を採用しており、同価格のバランス型であるカスタム742とはいわば兄弟モデルである。"
     

  3. "字幅とは少し違いますが、最近当店のお客様の一部で、スタブのペン先が流行しています。
    イリジュウムの形がヘラ型になっていて、縦線が太く、横線が細い、日本語では明朝体、英文ではイタリック文字などデザイン的な文字を書くことができるペン先です。 この形のペン先は、先の太さのわりに細かい文字を書くことができ、手帳書きにも使うことが出来ます。
    スタブのペン先は、パイロットカスタム742,743に用意されているのと、ミュージックでもより過激に代用することができます。ミュージックのペン先で特に秀逸なのは、切り割りが2本あり、ペン芯の溝も2本あるプラチナのものです。また、ペリカン、ラミーなどの太めのペン先もスタブ調になっていて、上記のような文字を書くことができます。"
     
  4. (Source: hikingdreams, via pipco)

     
  5. otsune:

    akasaka15:

    これ便利だよね

    最初からalt+E(mac)かshift+E(win)でいいじゃん。

    (Source: amiamic, via subdub)

     
  6. (Source: ForGIFs.com, via pipco)

     

  7. "・速く明るくパワフルにしたい場合は充電式EVOLTA  モーターをよりパワフルに速く回転させたいという場合や強力ライトをより明るく照らしたいという場合は、大電力でも電圧が落ちない新充電式EVOLTAを選ぶといいだろう。代表的な機器は、ミニ四駆などの模型やラジコン、ストロボや無線機などだ。ストロボはより素早くチャージでき、無線機やトランシーバはより強い電波を出せるようになる。  ただし高い電圧を維持できるぶん利用時間は新eneloopに比べると短くなってしまう点に注意。 利用時間の長さはeneloopが有利。量販店では単三型4本セットで1,400円ほど
    ・デジタル機器を長く使いたい場合はeneloop  消費電力が1A以下で中ぐらいの電力消費の機器なら、長持ちする新eneloopがいい。中ぐらいの消費電力というのは分かりづらいが、新eneloopや新充電式EVOLTAを入れて連続利用し、だいたい4時間以上~12時間程度使える機器を目安にして欲しい。具体的にいえば、携帯音楽プレイヤーや電子辞書、キャンプ用のランタンや携帯扇風機など多くの機器がそれに当たる。これらの機器は、新充電式EVOLTAを使うより新eneloopを使う方が長く利用できるだろう。"
     

  8.  

  9. "郷地所長は、金属粒子が鼻の粘膜に付着したのが引き金となった可能性を指摘する。金属粒子は直径数ミクロンで、人体のごく小さな範囲に1日100ミリシーベルトを超える放射線を出し、組織を損傷する。"
     

  10. "--英語のレベルが上がった秘訣は  「相手が子供でも、大人のように話しかけたり、本を読み聞かせたりするのはすごく大事だと思います」  当時、翔さんの母親がとった手法はユニークだ。ベビーシッターを頼んだ近所の小学生に本を音読してもらったのだ。ただ相手も子供だけに1人1時間が限界。そこで休日には6人の小学生ベビーシッターが入れ代わり立ち代わり自宅を訪れていたという。"